蒼天の拳2 ゾーン・ゲーム数解除振り分け解析

souten2

蒼天の拳2のゲーム数解除振り分けについてです。
メインが小役からの解除台なので、やはり振り分けはあまりよくない感じです


----------sponsored link----------




蒼天の拳2 ゾーン・ゲーム数解除振り分け解析

実質的な規定G数振り分け

※その他、25G毎に設定1~3は0.1%,設定4~6は0.2%ずつの振り分けがある

一応ゲーム数解除のシステムとしては、

・ゲーム数解除のテーブル(A~C)があり
・A<B<Cの順に早いゲーム数での解除が期待でき
・高設定ほどテーブルCに移行しやすい

という形になり、AT後にテーブルの移行が行われますが、

高設定ほど早いゲーム数解除が見込めるということに変わりはないので実質的なゾーンだけを考えるだけでokだと思います

規定G数到達後、数ゲーム後(2~25G後)から前兆(10~32G)が開始されるようです。

また、設定変更後は別テーブルで管理されますが、ゲーム数解除の平均ゲーム数としては、テーブルBより少しいい程度です。

 

600G以降の解除の割合が、設定1だと8割以上,設定6でも6割近くを占めます

設定6でも一番悪いテーブルAが選ばれる確率は50%あり、テーブルAだと600G以降の振り分けが85%近くありますのでねw
設定1だとテーブルAは75%で選択、同様に600G以降の振り分けは93%程度となりますw

 

 

ゾーンは狙った方がいいか?と言うと、

狙わなくていいんじゃないw で終了の振り分けでしたw

 スポンサードリンク


▼ランキングサイトに参加しています

いつも応援ありがとうございます!

※それぞれクリックで”人気ブログランキング”、”ブログ村”へ飛びます

あわせて読みたい関連記事

    1件のトラックバック

    コメントを残す




    六 − = 3