化物語 通常時モード移行率(A/B) 解呪/解呪ループ当選率 まとめ

にほんブログ村 スロットブログへ

化物語の徹底解析です! 

 

今回は、
・通常時のモード移行(A・B)
・解呪ノ儀当選率
・解呪連モード当選率

の詳細です。

追記あり:BAR怪異BAR,赤7白7赤7について

 


----------sponsored link----------




似合わず本気の解析記事書いていきますよ^^
それだけ化物語が大好きなんですww

 

 

化物語のモードA/B移行率・解呪当選率・解呪連モード当選率詳細です。

 

 

まず、通常時の高確・低確のモードは、A,Bの2種類あります。

 

・モードA
→通常/高確/超高確の3つの状態があり、上位状態ほど解呪ノ儀に当選しやすい

・モードB
→LOW/HIGHの2つの状態があり、解呪連モードへの移行を握る
状態はG数によって管理されている

これを理解しといてください。

 

 

 

・通常時のスイカは50%で高確以上へ。高設定ほど超高確へ
・通常時の中段ベルは100%高確以上へ。高設定ほど超高確へ
・ベルリプでも移行抽選あり。高設定ほど優遇

 

 

・高確時のスイカは35~50%で超高確へ。高設定ほど優遇

 

 

 

・スイカに設定差あり
・メインとなる強チェ/チャンス目からの当選率はほとんど設定差なし
→うまい具合に当選を願うだけw

 

 

・スイカに設定差あり

 

 

・スイカに設定差あり

 

※弱チェは解呪の抽選をしていない

→薄い確率でAT直撃抽選のみ
・設定1~3→0.20%
・設定4~5→0.39%
・設定6  →0.78%

 

・転落率
高確  →通常:通常リプ&押し順ベル成立時の1/82.6で転落
超高確 →高確:通常リプ&押し順ベル成立時の1/84で転落
超高確 →通常:通常リプ&押し順ベル成立時の1/84で転落
・レア役による解呪/AT特殊抽選

上記の解呪当選とは別に、レア役を引いた際の一定の確率で、
変則”BAR怪異BAR”からの解呪ノ儀
ズル滑り”赤7白7赤7”からのAT
の抽選をしているようです。

BAR怪異BARは、弱チェの1/256、強チェ/チャンス目/共通ベルの1/64、スイカの1/102で抽選
赤7白7赤7は、弱チェ/スイカの1/1024、強チェ/チャンス目/共通ベルの1/256で抽選

されているようです。たまに見かけるあの演出は、また別の抽選だったようです。

 

 

 

・テーブル5,6,7はHIGH状態のゲーム数が長い(良いテーブル)
・テーブル1,2,3,4はHIGHのG数が異なるのみ
・HIGH状態が続く台は高設定濃厚

 

→HIGH滞在を示唆する演出
・リプレイ成立時第三停止で暦チャンスランプ点灯 →HIGH確定
・キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードの(※忍の目w)演出 →HIGH濃厚
※LOW時の1/1872、HIGH時の1/122(通常)、1/42.7(高確)、1/7.7(超高確)で出現

どちらもHIGH滞在と考えてよさそう

 

設定狙いではないときは、解呪連モードがないことを確認後、50G過ぎたらヤメでよいでしょう。

 

 

 

・高設定ほど良テーブルが選ばれやすくなる
・設定差はあるが、80~90%はテーブル1,2,3,4が選ばれる

 
・解呪連モードの抽選は、解呪ノ儀に当選した際に行われる

・LOW状態で解呪ノ儀に入っても解呪連は見込めない
・設定6のみ解呪連モードへの移行も見込める

 ・HIGH状態で解呪ノ儀に当選すると、50~85%で解呪連モードへ入る

 

 

 

 

 

・当選契機が中段ベルの場合、64~85%で解呪連モードへ

 

 

 

 

・下段ベル成立時 →解呪連モード確定
LOW時 →ほぼショートへ
HIGH時 →ほぼミドルへ

 

 

 

 

・モードBがHIGHでないと格上げはほとんど起こらない

 

 

 

・ロングへ移行が見込めるのは、HIGH時の中段ベルのみ

 

 

 

 ・払い出しランプの色矛盾

→超高確
→解呪本前兆
→AT本前兆
→解呪連モード

のいずれかが確定となるので、かなりチャンス。しばらく様子を見ましょう^^

 

 

 

→解呪連モードの転落率
・ショート →1/21.8
・ミドル →1/43.7
・ロング →1/98.3

平均解呪連
ショート→2回
ミドル→4回
ロング→10回
から、解呪ループモード時の解呪当選率は1/10程度

 

 

 

解呪連モードが見込めるのは、
・下段ベル
・HIGH時に解呪ノ儀当選

 

解呪連モードの格上げが見込めるのは

・HIGH時の中段ベル。少し強チェ/チャンス目

 

以上のことから、AT後に如何にレア役をたくさん引けるかが大事
そこでうまくレア役を連続して引けると、解呪にも入り解呪連モードにも入り、連モードの格上げも見込める。

逆に一旦50Gを抜けてしまうと、下段ベルを引くか上手くHIGHのときに解呪に入らない限り、
単発の解呪が続くことになる(←これが解呪成功しないとものす~~~ごいキツイ)

 

以上をまとめると、
・高設定ほどモードAの高モードへの移行率が高く、さらにスイカでも解呪ノ儀に当選しやすい
・高設定ほど解呪連モードに入りやすい
・設定6はモードBがLOWでも解呪連モードに入る可能性が十分にある

 

 

などですかね^^
かなり時間かけて作ったので参考になれば幸いです^^

参考までに
化物語 設定差・高設定確定演出
パチスロ化物語 倍倍チャンス解析情報
パチスロ化物語 天井スペック情報

 

 

設定6ウチタイ・・・・

 スポンサードリンク


▼ランキングサイトに参加しています

いつも応援ありがとうございます!

※それぞれクリックで”人気ブログランキング”、”ブログ村”へ飛びます

あわせて読みたい関連記事

15件のコメント

  • おつですー(`・ω・´)ゞ

    ランプ矛盾は高確率示唆程度かと
    思ったら、超高確率示唆ですか~Σ(´∀`;)
    そのたもろもろもありと・・・

    どおりであまりみないはずですねー(´・ω・`)

    参考にしまっす!!

    • ちょここさん
      ちょここさんのブログのトップ画が変わるのイイ!すごくイイ!(`・ω・´)
      化物語だから^^^^
      ランプ矛盾はあまり見ないですよね。かなり良い状態みたいでした^^
      参考にして全ツッパ頑張ってくださ~い^^^^

  • ジミー

    ありがとうございます。やはりベルの引が大事なんですね。参考にさせていただきます。確かに50ゲーム迄に特定役引くと、100ゲームまでに当たること多いです。今日ベルってハマると出やすい気がします。そういう意味では、良さげな設定台のはまりは、美味しいのかもしれませんね。アムアム

    • ジミーさん
      下段ベルなんか来ると楽ですけど、
      やはりモードBがHIGHのときに如何に強チェ/チャメ/中段ベルを引けるかですねー
      AT後3G以内に引けるのが一番良いですけど(AT継続するから)、4G以降で引けた場合も解呪連に期待ですね^^
      参考になったら幸いです。頑張ってくださいー^^

  • はぶらび

    さすがkskさんだわー。
    本当に化物語好きなんだね。

    プリントアウトしとこーかな。
    大会終わっても打つだろうしw

    参考にさせていただきます。ありがとでしたー。

    • はぶらびさん
      あざまーす^^
      プリントアウトww
      大好きですー!もうアニメ見終わりました^^
      テレビでいつ放映されるのかがわからないです・・・誰か情報プリーズ!

      化物語に関してはこのブログで全てわかるようにします!
      化物語、最高です^^^^^

  • モードBを考慮すると地味に天井ストッパーでも期待出来るんよねー
    まぁ実際はループに入ってもショートで恩恵無し終了やけどwww

    てかOUTランキング1位おめでと!!!
    これでkskさんも金髪ロリぺったん好きの仲間入りやね(関係ない

    • まっこつさん
      結局ショートだとよくて1,2回解呪入るだけなんで、どうしようもないですよねw

      ありがとうございます^^
      忍は大好きです^^^^^^^
      他の金髪ロリぺったんは知りませんw

  • ジミー

    今日もいてきましたよー中段ベル3回下段ベル一回引いてマイナス六千円。1時は➖三万六千行ってましたので、白目剥きながら打ってました。化物語はなんだかんだ大やけど少ないです。弱チェリーは何の仕事してるんですかねー?

  • ジミー

    あっkskさんのとこにのてました。直撃抽選w何だが、あまり熱くないんですね。

    • ジミーさん
      大やけどが少ないのは良いことです。
      平打ちしているからですけど、自分は大やけど経験者ですw
      弱チェはあんまり役に立たないですね~。かなりのオマケ要素です。

  • 初コメントです(._.)

    staple stable流したさに打ってますが
    やはり高設定のほうが初当たりが軽くなる当然の解析結果ですねw
    導入だけ1日打ち切りましたが、この結果から自分の打った台が6の確信持てましたw

    今後も別の解析待ってます(^^)

    • ゆっけさん
      コメントありがとうございます^^
      化物語はBGMも最高ですね^^

      普段低設定を打っている自分は負債が増えるもの当然ですねw
      6確信できるような台、うらやましいです!
      化物語の解析はもう少し書いていきますので^^

  • 名無し

    モードABの表現なんですが

    低、高、超の内部状態は小役で移行。

    連に移行に関わるHi&lowマップはゲーム数管理で
    7つあるテーブルの内どこかに滞在ですよね?

    モードAが高確以上の時に
    モードBがHiの時にレア役を引く。ではなくて

    高確以上の時にマップがHiでレア役を引くだと
    思います。

    文面を見る限り
    物凄く理解されているとは思います。
    ただモード管理と言う表現では語弊があると思います。
    内部状態とマップテーブルが正確かと思います。

    • 指摘ありがとうございます。
      おっしゃる通り、その方がわかりやすいと思います。
      この記事書いたのが化物語が出た初期の頃で、当時はそのような記述であったため、モードA,Bとしてこの記事も作ったのだと思います。

コメントを残す




六 − 5 =